インポテンツとEDの違いとはなんでしょう?EDという言葉はまだ新しい言葉です。なぜEDという言葉ができたのか、インポテンツという言葉がすでに存在しているのに出来た理由やEDの治療方法などご紹介してきます

インポテンツと診断されたら痩せる必要があるかも

インポテンツとは、勃起不全ともいい、男性の性機能障害の一種になります。これは勃起の発現または維持のできないために満足に性行為が行なえなかったり、性行為のときに有効な勃起が得られずに満足な性交が得られない状態などのことをいいます。
さまざまな原因でインポテンツになってしまいますが、その原因のひとつが肥満です。インポテンツの器質性勃起不全の原因は怪我や下腹部の手術を除けば糖尿病や動脈硬化、高脂血症などの肥満で引き起こされる生活習慣病が主だとされています。つまり肥満を改善する、痩せることによってインポテンツも改善していくことに繋がるのです。
肥満と診断されるとインポテンツでなくとも痩せることは推奨されます。診断結果に従って痩せるためには、運動療法や食事療法を行なう必要があります。
運動療法ではウォーキングなどの有酸素運動やストレッチなどの身体にあまり負担のかからない適度な運動を習慣付け、揚げ物やお菓子などの脂質や糖質はなるべく避けて野菜や魚、果物などを多く摂るように意識した栄養バランスの良い食事を食べ過ぎないように摂取しながら体重を減らしていくことが必要です。痩せることができれば勃起不全や糖尿病、高血圧などの生活習慣病も改善することも可能になってきます。生活習慣を改めるということは難しいものがあり、強い意思が必要となりますが、大切なパートナーと長い人生を健康的に送るためには改善していくことは大切です。
また、肥満が解消されたと診断されても油断せずに適度な運動と健康的な食事を行なっていくことによって、インポテンツも回復していくかと思われます。
それでも、インポテンツが治らない場合には医師に相談することがおすすめです。