インポテンツとEDの違いとはなんでしょう?EDという言葉はまだ新しい言葉です。なぜEDという言葉ができたのか、インポテンツという言葉がすでに存在しているのに出来た理由やEDの治療方法などご紹介してきます

インポテンツとEDの違いと治療薬を食後に服用の理由

インポテンツは事故や病気などで勃起することが不可能な状態を意味する言葉なので、EDのように勃起が維持できない状態とは全く異なっていますが、日本ではこの二つの言葉に関してはあまり違いを意識することはありません。インポテンツを治療するためにはペニスを矯正するなどの治療が必要になりますが、EDの場合は精神的なストレスを解消するなどの治療で効果が期待されます。またインポテンツは勃起を全くすることができないという意味があるので、EDのように勃起が可能で、それを維持することが難しい状態とは区別しなければなりません。勃起不全などの症状を改善するのに最強の栄養素とされているのはアルギニンで、食物やサプリメントで摂取するとペニスの周辺の血流が良くなるので、勃起を維持することが出来るようになります。最強の治療薬としては様々なタイプの勃起改善薬がありますが、食後に服用すると1時間後にはセックスが可能になります。最強のサプリメントや治療薬を服用するためには食後が適しているのは、胃に対する負担を減らすことや、効率よく吸収させることができるためで、ED治療薬に関しては食後に拘る必要はありません。しかし定期的に薬を服用する場合には食後などのように時間を決めておくと飲み忘れを防ぐことができるので、効果には違いがなくても決まった時間に服用するために食後とすることが多くなっています。インポテンツは病気や外傷のせいで勃起能力が完全に失われた状態なので勃起改善薬を服用しても効果が出ない場合がありますが、その場合には原因となっている病気や外傷を治療することで勃起する可能性も高まりますが、EDよりも状態が深刻なので、専門的な治療を必要とします。