インポテンツとEDの違いとはなんでしょう?EDという言葉はまだ新しい言葉です。なぜEDという言葉ができたのか、インポテンツという言葉がすでに存在しているのに出来た理由やEDの治療方法などご紹介してきます

インポテンツの気持ちと治療の動機

インポテンツになった男性は自信を喪失し、セックスを避けるようになることが多いです。
半立ちの状態では射精せずに終わることが多いですし、女性を喜ばせることもできません。
セックスが失敗するとわかっていれば、避けたい気持ちになるのは当然のことです。

インポテンツは加齢により少しずつ進行するものですが、乱れた生活はそれを促進します。
30代あたりからセックスに支障を感じるようになったら、加齢だけの問題ではありません。
生活習慣、または心因性の原因があると考えていいでしょう。
突発的にインポテンツが生じた場合は、心因性の原因である可能性が高いです。
早漏、包茎などをパートナーから指摘されると、男性は自信を喪失してインポテンツになることがあります。
心因性の場合は、早漏や包茎などを改善して悩みをなくす、もしくは精神薬などの処方を受ける治療法が効果的です。
うつ病や慢性的なストレスなどもペニスの活力を奪ってしまいます。

インポテンツの男性の気持ちは、早く改善したいと考えています。
しかし、デリケートな問題ゆえに医療機関で治療を受けることに抵抗がある方がほとんどです。
治療したい気持ちがあっても、決定的な動機がなければ足を運べないようです。

治療を受ける動機として多いのは、パートナーとの関係が悪化してきたときでしょう。
インポテンツは早漏を招くことも多いので、男性は射精ができても女性はオーガズムに達することなく終了することになります。
射精調整が難しくなるので、早漏を解消することを動機に医療機関に訪れる男性もいます。
治療は簡単なものであり、手術や矯正器具などを使用する方はごく一部です。
乱れた生活を改善しつつ、ED治療薬を服用すれば大抵のインポテンツは改善します。