インポテンツとEDの違いとはなんでしょう?EDという言葉はまだ新しい言葉です。なぜEDという言葉ができたのか、インポテンツという言葉がすでに存在しているのに出来た理由やEDの治療方法などご紹介してきます

インポテンツの治療院は未経験でも安心

インポテンツの治療院は、ED治療未経験の方でも安心です。
ほとんどの男性はインポテンツに抵抗を持っていますが、治療院の医師や看護師は何とも思っていません。
インポテンツ専門の治療を行っているので、そうした方に対する抵抗はまったくありません。
未経験の方も利用しやすいように、男性のスタッフだけを起用しているクリニックもあります。
何よりインポテンツは珍しい症状ではなく、成人病と同じくらい発生しやすいものです。
例えば、包茎に抵抗を感じている男性は多いでしょうが、日本人の包茎人口は6割とも言われています。
正常とされるペニスの方より、包茎の方のほうが多いのです。
銭湯に行くと他人のペニスは立派に見えますが、入湯する前に包皮をむいているだけです。
インポテンツも同じく、中年世代では珍しくない症状なのです。
最近はストレス社会の影響により、20代で発症する方も少なくありません。
インポテンツと聞くとペニスに異常があると思われる方が多いでしょうが、実際は血行障害の一種なのです。
全身の血流が悪くなれば、ペニスを硬くするだけの血流を確保できません。
陰茎海綿体に向かって流れる血流が弱くなれば、勃起力は減退してしまうのです。

インポテンツの治療院が未経験の男性は、触診に抵抗を覚えていることが少なくありません。
ペニスを見られることに抵抗を持っている方は多いですが、現在は触診による検査は基本的にないのです。
もちろんペニス自体に異常がある場合は別ですが、ほとんどのインポテンツは生活習慣などに原因があります。
問診だけで診断できることが多く、検査も10分程度で終了するのが普通です。
検査後は生活指導を受けて、それからED治療薬を処方される流れとなります。